読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこのブログ

一緒に漫画読むっちゃ ♪

女帝 倉科 遼 を読んでみた

 こにちは~

ねこです(*´∀`*)

 

女帝 加藤 ローサちゃんが 

ドラマ化した時も見ました!

 

f:id:gbooks:20161220104746j:plain

 

女帝として伸し上がるには

したたかで強く頭の回転が良くて

容姿端麗でなくてはならない

そしてその実力を

お水の世界に集中させなくては

ならないという

複数の条件がある

 

f:id:gbooks:20161220105540j:plain

 

いずれもローサちゃんの

イメージには合う気がしないけどね

純粋過ぎて・・・ (*´∀`*)

 

f:id:gbooks:20161220105500j:plain

 

ねこは当時の彼にローサと同じ

髪型だねって言われて

は?!ってなり

だってローサは100点だよ?!

いいじゃん。って言われて

ブチ切れた (ごみんなさい)w

事がありました

 

なんて女心が解ってないの~

じゃぁ 私は何点なの・・・?!

(こわくて聞けない)

それよりも

信じられなかったねこも

悪いのでしょうか

 

f:id:gbooks:20161220105751p:plain

 

 母ちゃん かっちょイイ~ ♪

 女はそうでなくっちゃ!

 

パトロンでも

どんな存在であっても

何歳離れていても

お互いにどんな立場であっても

真の理解者が居ること

分かり合える同士が居ること

それが「一番」なんだって

今なら解ります

何となくです・・・

 

 無料お試し読みは↓下記のリンクから

link-a.net